ブログ|横浜の不用品・廃品・粗大ごみ回収処分なら【横浜よろずカンパニー】

植木鉢の不用品回収/横浜

2017年06月06日
不用品回収についての詳細はこちら

yokohama_ueki_01

1990年代から日本でも庭先やバルコニーで草花を植栽して鑑賞するガーデニングがブームになりました。
西洋風の手法を取り入れた園芸で、お庭に直接植えるだけでなく鉢やプランター、ハンキングバスケットなどの容器を用いて色々な低木や草花を寄せ植えたりします。
植物の配置や花の咲く季節を考慮したり、レンガや流木などのアイテムを上手く取り入れたりして自由にデザインすることの楽しさ、人に見せることを意識した庭づくりが魅力のようです。

さて、今回は60代のご夫婦からのご依頼で、植木鉢とプランターを回収しに参りました。
このご夫婦は以前より趣味でガーデニングをやっていらっしゃるそうで、お庭を拝見させて頂くと色とりどりの植物達が所狭しと植えられており、その美しさに感動してしまいました。
趣味に没頭するあまり、どんどん植木鉢やプランターを購入してしまい、いざ処分するとなると土のやり場に困ってしまったそうです。

 

植木鉢は分別不要で回収いたします

まだ植えたままの状態の植木鉢は、土と植物で分別しなければならず土の処分がとくに厄介ですよね。分別している最中に誤って土をこぼしてしまうと後片付けが大変です。

よろずカンパニーではそのような面倒事を一気に引き受けますので、お気軽にご相談ください!
分別不要なので土入りの植木鉢やプランターもそのまま回収させていただきます!!場合によってはブルーシートを引いて、床を汚さないよう対応させて頂きますのでご安心ください。

今回も無事にお部屋を汚すことなく作業を終えることができました。

ありがとうございました。