ブログ|横浜の不用品・廃品・粗大ごみ回収処分なら【横浜よろずカンパニー】

ゴミ屋敷の清掃/横浜

2021年03月15日
ゴミ屋敷等のお片付けについての詳細はこちら

今回のご依頼はゴミ屋敷の清掃です。

ご依頼主様は住人である60代男性のご家族で、男性が病気で入院されたことで、初めてゴミ屋敷と化してしまったお宅に足を踏み入れ驚かれたとのことでした。
数年前からゴミを溜めるようになってしまったという男性。ゴミ屋敷に慣れてしまった場合、そこから脱出しようと思うには何かきっかけが必要ですよね。近隣の住人からの苦情やご本人の体調不良、ご家族からの勧めなどが多いようです。

収納ボックスもゴミに

お伺いしますとゴミの量は膝下レベルでした。
玄関にはペットボトルや空き缶の入った袋が何袋もありました。掻き分けて入ったお部屋には雑誌や空の弁当箱などがたくさんありました。収納ボックスはたくさんあるようでしたが、空のものが多く、全て床に積み重ねられていました。最初のうちは収納ボックスに入れておくのですが、使用頻度が多いといちいち出し入れするのが面倒になり、だんだん手元に置きたくなるものですよね。収納ボックスもうまく利用しないとゴミになってしまいます。収納ボックスを選ぶ際にはサイズだけでなく使用頻度を考えてどんなものが良いかを選択できると良いですね。

ゴミの仕分けをして袋詰めし、台車で運んでトラックに積載していきました。
退院後にはすっきりした部屋で過ごしてほしいとのことでご本人様に処分の承諾を得た家具も数点回収致しました。

作業は5時間で完了致しました。

ありがとうございました。