ブログ|横浜の不用品・廃品・粗大ごみ回収処分なら【横浜よろずカンパニー】

男と女の片付けの違い

2008年02月20日
不用品回収についての詳細はこちら

お客様のご自宅にお邪魔して片付けをしていますと、始まる場合が多々あります。夫婦喧嘩が・・(予断ですが喧嘩する夫婦って寿命が長いそうです。よかったですね!?)・・・
初めての片付けの場合、大概 奥様が捨てろ、ご主人が取っておくとなるケースが多いようです。奥様は家にいるので不要品が邪魔でしかたたない。ご主人はもったいないと言う事のようです。その時私は断然奥様の味方です。(笑)
冗談はさておき3年使わなかったら多分一生使いません。
保険業のかたからのご依頼が多いのは移動が多いため余分なものは持ち歩かない、どうせ使わないことを知っているからです。とっておこうか捨てようかなど悩む不毛な戦いはしないというわけです。
不要品はリユースリサイクルしてください。よろずカンパニーでは的確にアドバイスさせていただきます。また移動のときエアコンなど7~8年使用したものは処分です!取り外し取り付ければ作業費がかかり(私どもは儲かるわけですが)、マイコンなど寿命が着ている場合もあり買い換えたほうが電気代もお得です。思いのあるもの意外は思い切って処分!リサイクルしてください。
そういう私も本など捨てられずにとっておきました・・・いずれ子供たちが読むだろうと思って・・・よみません!!!もっと早く読む人のためにリサイクルしていれば!まあ不要品というものはそのようなものです。最低必要な物のみとっておいて身軽になれば、夢のような生活と薔薇色の人生が待っています。(笑)
便利屋で遺品の整理など片付けを生業としておりますと、いろいろな風景を拝見します。どんな裕福な方がどんなに高価な物や家を所有していても使わなくなり廃棄や取り壊しとなるわけです。最近では目白御殿などもそのようです。女性の方は素敵な洋服や着物、思いの詰まった大きな家具類、男性の方は、工具や電気製品そして各部屋にエアコンが完備された建物。大概の場合ご親族たちには不要なものになります。そして不要品となり解体され小分けに分譲されていきます。まさしく諸行無常。
そのような過程を日々見ていると物欲などなくなります。外車(懐かしい響き)も豪邸も高級品もほしくなくなります。でも金はほしい・不思議です(笑)。人は生きるために最低必要なものがあれば良いと思いますが!?皆さんはどう思われます?私は思います。不要な物は人生の錘です。不要品は一日でも早くリサイクルしましょう!