ブログ|横浜の不用品・廃品・粗大ごみ回収処分なら【横浜よろずカンパニー】

バイク・オートバイ高価買取回収・・残念!

2008年02月05日
放置バイク回収についての詳細はこちら

町中を巡回中バイクを磨いているお客様にベッドを処分してくれないかとお声がけをいただき回収しました。
(かなり値切られましたが・・・)
積み込み中、突然の爆音バババウォ~ン耳を劈く爆音!!!!!もうびっくりしました。なななんと、ハーレーではありませんか、もうそれはビカビカバリバリです。リッター以上のすごいやつです。「いいバイクですねーいくらぐらいするのですか」などご質問したところ、実は売ろうと思っているとのお話。いや~会話はしてみるものです!「おっまかせくださ~い!(ルンルン)どこより高く買い取らせていっただきまーす。」などといいながらお話をお伺いしたところ、実はまだローンが残っているのでできるだけ高く売りたい。フムフム・・で、おいくらぐらいご希望ですかとの質問に120万はほしいとの事。それに、もうすぐ見積もりでバイク買い取り業者が来るとのお話。なるほど、そのとき私はあわてず騒がず外車に強いルートで調べて査定したところ110はいける・120はきついとの返事・プラスアルファは現物を見てみないととの回答をうけ、交渉に入りました。
「お客様、よろずカンパニーはバイク専用施設などにお金をかけず専門ルートで売り買いします。経費をかけていない分よそ様より必ず高く買い取れます。(これホント。)120は無理でも近い数字がでます。よりアップがんばります。他社様査定の後よろずカンパニーにも査定させてください。」とお話したところOKをいただき、強引な業者が多いためその場では即決しない事と、査定終わり次第すぐに連絡をいただく約束(時間も指定)をしてその場を離れました。そのとき私は内心、勝負あり勝った!よそは100はいかないだろうと思うと顔に笑みがこぼれました。
しかし約束の時間が来ても連絡がありません。まてど暮らせどありません。で、こちらから連絡したところ、もう売ってしまったとの事、そんなに良い値段がついたのか?それでは仕方なし!ところでいくらで決まったのか聞いたところ80万で売った。なななななぁ~!はぁっはぁっはぁっ八十万円!?なななんで? お客様の話→業者いわく、うちの査定より高いところは無い、今決めなければこの値段ではもう買わない、決めなければ帰ると押し切られたそうです。一言、言わせていただきました。「何で決めてしまったんですか!120に近い数字出るといったでしょう。最低110ですよ。」お客様・「どっひゃ~!もう契約書を書いてしまいバイクも持っていかれたのでどうしょうもない・・・」「110引く80は30です。30も違うのですよ!(怒)」がっくりです。でも私よりショックなのはご本人でしょう。
教訓 高額品は即決しないこと。そして約束は守りましょう。