ブログ|横浜の不用品・廃品・粗大ごみ回収処分なら【横浜よろずカンパニー】

庭の樹木の回収/横浜

2017年07月26日
樹木伐採についての詳細はこちら

yokohama_bakkon

今回は「庭の樹木を回収してほしい」とのご依頼で伺いました。よろずカンパニーでは、植木の回収もおまかせいただいております。樹木は50センチ以上であれば粗大ゴミとなりますが、木の根がついている状態で粗大ゴミを出すのは衛生的にも問題があるため、度々このようなご依頼をお受けいたします。
 

抜根は想像以上に大変です

ご依頼主様のお話では、プレハブの物置小屋をご自身で設置するため樹木を撤収しようとされたのですが、思いのほか大きく苦慮しているとのことでした。
小さな樹木の回収であっても、抜根となると相当な労力が必要な作業となります。
掘り進めたところ、かなりの深さまで到達しました。樹木の生命力は相当なもので、四方に根が伸びておりご依頼主様も大変驚かれておりました。
これをご依頼主様ご自身でご対応いただくのは骨の折れることです。
 

木の根や幹は放置するとシロアリ発生の温床に

またお客様ご自身で庭木を伐採されたとき、なかなか処分しづらいため、そのままお庭の片隅に放置されるケースをよく見ますが、カビやシロアリの温床になることもあります。
万が一にシロアリの棲家となってしまったら最後、母屋にまで被害が及びかねません。
もちろんカビや朽ち果てた庭木も回収させて頂きます。

ありがとうございました。